忍者ブログ
狩りを終えて無事村に帰り、一息つく狩人は何を想うのか。 ここはそんな机の上・・・。
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12


ついに新天地に(体験)上陸。鮮明に描かれる大地、全体的に渋い空気感。心待ちにしていた据え置きのモンスターハンターに帰ってきたのだと実感が湧いてくる。こちらは早朝5時からプレイを始めたのだが、楽しくてぶっ続けで昼まで遊んでしまった。
β版の所感は「良くも悪くも大きな変化は無い」。良く言えば旧来据え置きMHからも、携帯機MHからも大きな違和感はなくすぐに触り慣れることができるだろう。しかし全武器モーション一新くらいを期待していたところもあり、遊び心地としてはそう大きくは変わってはいない。熟練の狩人であればその経験は間違いなく新天地でも活かすことができるだろう。とはいえ各種武器の軽快化、キャンセルや多彩なコンボルート、ボウガンのトリガー操作、緻密な自然・生態表現、今までとは次元が違う立体構造フィールド、新要素『スリンガー』など、携帯機では成し得なかった確かな一歩を感じ取ることもできた。
残念であったのはサーバー負荷テスト名目のβ版ゆえか「あまり長くプレイさせたくはないのか?」と思わされる仕様だ。マルチプレイではフレンドとの合流に面倒な全半角英数12桁のパスワード入力が必須な上、クエスト失敗により部屋は強制解散される。加えて一回のクエストは20分とかなり短い。できるだけ多くのプレイヤーにプレイ体験をしてもらいたいという開発側の意図は読み取れるが、個人的にはそれを目的とするにはあまり上手い手法だとは思えなかった。

さておき!据え置き=コントローラー操作である。ヘビィボウガン、スラッシュアックス、操虫棍を使ったが、やはり携帯機とは比べ物にならない程良好な操作体系だ。まず剣斧は剣と斧の変形ルートがかなり増えた。XXのギルドスタイルよりもルートは豊富だが、やはり剣の火力が高すぎて斧は機動目的に使われそうだ。僕としては高火力鈍重の斧モード、高機動手数(属性)偏重の剣モードというのがスラアクの理想像であるので、しっくりこない。
次にヘビィボウガン。ようやく現世代らしい操作になり、他のゲームでシューター操作に慣れてしまったプレイヤーはこちらの方が断然使いやすいだろう。貫通弾は少し使いでが変わった感じはあるかな?2ndあたりから続くお手軽高火力というよりは、無難に通せる代わりに高密度のダメージを得ようと思うと位置取りを考える必要があり、めまぐるしく動き続ける対象を良ポジションで捉えつづけようとすると今度は手数が落ちる。詳しい検証は詳しい人に任せるとして、さてどうなるかな。機関竜弾、狙撃竜弾は楽しい。
今回バツグンに面白かったのが虫棒こと操虫棍。こちらも虫のエイムがシューター操作になったおかげでエキス採取がとても快適にできるようになった。エキス採取が楽になると全体的なDPSの底上げになる。そして空中機動が追加され、とにかく空中に浮いていられるようになった。動画では調子に乗りすぎてというか「乗り」をしまくったんだけど、言うまでもなくソロ時のDPSはダダ下がる。でも空中機動が快適というか楽しいのでついつい空中攻撃を出してしまった。自分はガンナーである、というこれまでの自負とかこだわりを大切にしたいという気持ちは根強くあるのだが、ここは素直に一番楽しいと感じる武器を担ぐことが正解なのではないだろうか。それに虫という弾丸を撃ちだしている。インセクトガンナーとかそんなノリでもいいかもしれない。

風読みに関しては、何とも言えない。研究を続けたいとは思うが、導蟲という便利な案内役が存在するので、現状それが可能であるのかも、風読み自体に意味があるのかも今はまだわからない。ワールドではかなり積極的にモンスター同士の戦いが多く、それを誘発させるためであったり、導蟲より先にモンスターの行動を先読みすることができれば、価値はあるかもしれない。ということでMHWにおける僕の最大のライバルは導蟲。こいつを越えた先に僕のモンスターハンターが垣間見える気がする。

と、久々に机についたら筆が走る走る。自分が目一杯遊べるのは日曜の今日限りだろう。今日くらいは少し夜更かししてもいいかもしれないな。
PR

視界一杯の深い茂みをかき分け、かつて机に向かっていた庵への道無きを往く。
飽きもせずに狩場へ赴く毎日。仲間と交わす杯と笑い声、知識と喧騒の夜。そうやって過ごした日々を文字に起こす幸せ。全てが、懐かしい。

--------------------------------


 長い事忘れていた忍者ブログのアカウントとパスをなんとかサルベージできたので、こちらでの狩猟録を再開することにした。とはいえ忍者ブログ自体がいつまで存在するのかかな~り怪しいところまで来ているようなので、いつディラックの海に投げ出されるか。それ以前に辺境の僻地の隠れ里といったこのブログサイトに訪れる人がどれだけいるかは、謎。
遥か昔に離れ、苔生した自分の独白の場を今更利用しようと思った理由は一つ。据置MH、モンスターハンターワールドだ。もちろん自分は参加予定であり、正直村の界隈も多くの仲間が狩人業に復帰されるそうで、かつての村の賑わいにまた立ち会えると思うと感慨深い。

8年の歳月を経て自分の一人称や価値観も多かれ少なかれ変わった。いや当時から思ってはいたが、今、昔の記事を見直してもかなり痛々しい文面を書いていた。一方で分断試行なんかは結構きっちり検証しててこっちは感心した。で、何が言いたいかと言うとまたここで枕に顔を埋めてゴロゴロしたくなるような狩猟記録を書きたくなった。痛々しくても厨二病でも。いやいや、これも一緒のロールプレイなんですよ、と言えるだけの文字数は書いていたつもりだ。

 今も付き合い日々遊んでもらっている友人とは、モンスターハンターを通じて知り合うことができた。もっと言えば、モンスターハンターのブログをきっかけに交友関係が広がった。ソロハントに憧れ、支援の奥深さの一端に触れ、武器への拘りと想いを知った。僕は彼らのモンスターハンターに対する独自の楽しみ方を見て、僕もそうなりたいと考えた。そしてこのブログを立ち上げた。今度は彼らと遊びたいと思った。彼らの技を、知識をこの目で見てみたかった。ゲームを楽しく、しかし真摯に情熱を注ぐことを彼らと共有したいと願った。

 情熱を持って書かれた狩猟録は読み応えがあり、また人となりを感じることが出来、本当に面白い。僕はかつて、そういったものに感慨を受けて自分の道を模索し始めた。自分が彼らのようにありたい、という自信も驕りもない。でも、何かの偶然でここに辿り着いた狩人に何かのヒントを与えることはあるかもしれない。そんな、本当に小さな可能性の話でいい。僕からモンハンにできる貢献は、モンハンはこういった楽しみ方もできるんだよ、と机の上から綴る狩猟録ただ一つなのだ。自己満足と日記の切れ端に載せる、ただ一つの貢献なのだ。

懐かしい匂いが少しだけ風に乗ってやってきました。
ただそれを感じて、今までは割と抑え切れないくらいの期待が内にあった気が
するのですが、ちょっと狩場から離れすぎたのか、「懐かしいなあ」という
気持ちだけがここに寂しく留まっている。
かつての学び舎を見て物思いに耽る、そんな感じ。
隠遁生活は恐らくもうちょっと続く。
モンスターハンター・G・dosのマルチマッシングBB、つまりオンラインサービスが
今年6月30日をもって終わりを迎えるそうです。
→公式アナウンス

私はこの中ではdosの末期に1年程在籍し、その後掲げた目標に挫折し、
流れるように狩猟の場をロックラックの地へと移しました。
そんな私でさえ、ぽっかりと胸に穴が空いたような寂しさを感じています。
原初から歴史を紡いできた狩人、今もあれらの地で活躍する狩人にとってそれは
悲報だったのでしょうか。それとも退役を告げる労わりの唄であったのか。

私が立っていたドンドルマという街は、ガンナーにとってどこまでも厳しく、
どこまでも温かく育ててくれた土地でした。
ソロ四本の角って目標は叶えられなかったけど、
それよりも多くの目標を乗り越えさせてくれた成長の街でもあったんだ。

たくさんの狩人と繋げてくれてありがとう、
たくさんの楽しみを教えてくれてありがとう!
あまり時間はかけられないけれど、別れのときにはまた、その門をくぐらせて下さい。
7年間本当にお疲れ様でした。
著者
HN:
シュガー
性別:
男性
自己紹介:
新大陸にて狩猟活動中。
狩人の矜持と思い出は十年の時を越える。
サイト内検索
このブログについて
弊ブログのモンスターハンターシリーズに関する著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。基本的にリンクフリーですが、相互リンクに関しては原則的に受け付けておりません。また、リンクは特に予告なく解除させて頂く場合がございます。ご了承くださいませ。
Access.
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]