忍者ブログ
狩りを終えて無事村に帰り、一息つく狩人は何を想うのか。 ここはそんな机の上・・・。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
★8 月下の渓流に雷鳴は蠢く
ジンオウガ2頭それぞれの移動ルートを調査し、合流回避を試みる。

◆前提条件;減気不使用
対象のスタミナ減少が引き起こす捕食行動による観測の乱れを防ぐため、
打撃武器を始めスタミナブレイク効果のある攻撃を使用しない。

渓流地図:MHP3@wiki>マップ情報>渓流


▼未発覚時移動
A(初期5配置/以下A個体):5-6-7-4-2-5
B(初期6配置/以下B個体):6-7-4-2-5

自動マーキングを使用して未発覚時のそれぞれの動きを眺めてみた。
この回だけでは6-7-4-2-5の円周軌道に見える。先行をB個体、その後をA個体が
追随する形になっている。5から5で5分前後、6から5までだと6分前後で周回。
気になったのが2→5への移動時間が40~45秒と早い。

試考ⅰ:
交戦していない個体が2へ移動した際に合流の警戒ポイントと成り得るか?

試考ⅱ:

また、合流回避作として、B個体が2へ移動したらA個体にこやし玉を使用し強制的に
移動させることができるか?



▼発覚時移動
A:5-6-7-4-2-6(全て交戦)
B:6-2-5(合流)-4-7-6(合流)-2-5-4(合流)-7-6

次に、実際に交戦時の動きを観測する。
B個体へペイントし、A個体と5で交戦開始。
上の記録の通りだとするとB個体が6-7-4-2と一周する間、A個体と5分程度の
交戦時間が確保できる。
ところがB個体は6から2、そこからA個体と交戦している5へ移動、合流となった。
そこから乱戦状態のまま2分経過の後に交戦していたA個体が6へ移動した。
引き続きA個体と交戦。B個体は5-4-7と移動し、6へ合流してきた。
A個体はすぐに7へ移動した。このA個体の移動が滞在時間の経過によるものか
合流時の散開行動かはわからない。

ここまでの確認できたルートは二つ。
一回目観測の5-6-7-4-2-5と、二回目観測の6-2-5-4-7-6。

試考ⅲ:
二つのルートはランダムで決定され、円周軌道を一回りするまでのルートは確定。
また、A個体なら5、B個体なら6を起点としてルートが選択される?


試考ⅳ:
二つのルートはランダムで決定され、以降そのルートが維持される。

試考ⅳであればベリオ二頭と同じような理屈で一頭の狩猟まで合流が回避可能。
試行ⅲであっても起点の次のエリアで以降のルートが予想できるので恐らく
合流回避は困難ではない。

以後の観測で起点以外で枝分かれされたらこれらの仮定はなかったことに
また、ここまでで一度も捕食行動が確認できていない。
ベリオロスと同じ習性であれば、捕食で周回ルートを外れても捕食後はまた
規定のルートに沿って移動を開始する。



とりあえず数クエスト観測した結果、試考ⅲで合ってると思います。
初回6-2-5-4-7-6だったB個体が二週目から5-6-7-4-2-5へ転換したのを確認。
また捕食行動がまだ確認できていない。25分戦ってないというのもどうなんだ。
見逃してるだけ?ガーグァとかいるんだけど。

試考ⅰは結論を言うと警戒ポイントに成り得る。
5-6-7-4-2-5と、6-2-5-4-7-6ともに2→5への移動はどちらのルートも
確定なので合流を予測してこやし玉を交戦個体に使用したり、交戦個体の次の移動
エリアで待ち伏せるという選択もできる。
また、後述の交互のキーとなる。

試考ⅱはこやし玉の運次第。ではあるが、合流前に使っておけばある程度の保険に
成り得る。交戦個体が逃げずに、合流されたあとでも次のエリアに逃げるのも悪くない。


[追記]エリア5交互の検討

※こやし玉の仕様はtri-で想定

①二つのルートのどちらもエリア5へ移動する際、エリア2を経由する
②エリア2からエリア5へ移るまでの時間は40~50秒弱


①②より、交戦していない個体がエリア2へ移動したら、交戦個体にこやし玉を使用。
当てた直後とその15秒後に20%の確率で対象のエリアチェンジが確定する。
20%というとかなり低い割合に思えるが、合流まで45秒と考えても多くて3回は
こやし使用のタイミングがあり、また2頭いればこやし使用で一回の判定で50%で
移動する。一度エリア5から逃せば5分強は確保できる…か?

もっと試行回数を重ねないと確かなことは言えそうにないですね。
緊急クエで片追いはほぼ成功しました。エリアとタイムテーブルと、
あとこやしの運が成功要件。ウンだけに(ry

合流回避のメカニズム自体は簡単なのだけど、それを文章で説明することが
一番の敵になりそうな気はする。
PR
GREEN MAN










深緑の大地の縁か、どこ吹く風の縁か。
羊飼いの普段着(兼勝負服)が早くも仕立てられました。


グリーン・マン

front view










頭:ズワロSフード
胴:レイアSレジスト
腕:レイアSガード
腰:アロイSコート
脚:レザーSレギンス
お守り:腹減り+8
スキル:体力+50、腹減り無効

上位環境に対応するために新調された羊飼いの狩猟具足。
その素材の多くが渓流や水没林等、森林地域から集められ拵えられた為、
仕立人により「森の人」と名付けられた。



コンセプトはそのまま、普段着兼勝負服。『羊飼い』のシンボルマークとして
仕立て上げました。
スキルはかなり思い切りました。でも適当にあしらったようでこの二つすごく便利
なんですよねー(某弓師お墨付き!)。何かに対して特別有利な状況を作るわけ
でないから、逆にどこにでも着ていける。どこまでも着ていきたい。
何気に秘薬と食料要らずなだけでも有用。加えてフードは剣士防具の物を使用して
いるためギルド基準の防御数値は254を誇り、上位環境でも十分な防御性能を
発揮してくれています。
★7に入り少しの間回避距離を使っていたのですが、やはり常用するには少し
常習性が強く、普段着には不向き。

外見は斥候らしく。顔パーツに泥があれば嬉しかったのですが。
好きなポイントはやはり怪しさを醸しだすフードと、足元すっきりのレザーレギンス。
腰をアロイからドボルSにすればもう少し腰周りがはっきり見えるのでゆくゆくは。

かなり早い段階で普段着が定着したけれど、特に妥協があったわけでもなく。
ほぼほぼこれで確定だと思います。
自分を主張する装いができると狩猟ゴコロに弾みが付きますよネ。
誰でもいいからこれ見てよホラ!ねえそこちゃんと見てる!?みたいな。
集会所も一回りしたらオトモに暇を出して、これでソロで見て回りたいですね。

6.jpg










頂いたコメントのお返事が遅くなって申し訳ありませんでした。
先ほどごく短くですが書き終えました。

実は武器のはなし。 を書いてる途中から軽く頭痛がしていまして、
まあ視神経の使い過ぎかなーと甘い目で見ていたのですが、その晩から
えらい熱が出まして。今日で三日目の大風邪っぴきでございました。

今朝には頭痛も収まっていたので軽く一狩り…とゴソゴソやっていたのですが、
これが酷い(笑。なんというか脳ミソ半分削り取られたかのような違和感で、
とにかく考えがまとまらない。ぼーっとしてて目はチカチカ。音はモノラル。
とにかく始めてしまったドスバギィ付きベリオロスだけなんとか終えて
すぐに霞の宿に再び伏せることになりました。
ベリオロスを捕獲した瞬間に絶望を感じさせる音楽でWARNING!とか出たときには
捕獲ダメだったんかよおぉぉとか勘違いして涙目になってました。
にしてもこんな状態のときに乱入させなくてもいいじゃない、狩りの神様。

ここ数日で冷え込みも更に厳しくなってきたので、どうぞ皆様お気をつけてー。
ある武器種の、ある一つの武器だけを使用してあらゆる狩猟に出向く、
そんなスタイルの狩人がいます。うちの界隈や、私もその一人です。

でももしかしたらこう思う方もいるんじゃないかしら。
なんでそんな面倒なことやってんの?マゾなの?
著者
HN:
シュガー
性別:
男性
自己紹介:
新大陸にて狩猟活動中。
狩人の矜持と思い出は十年の時を越える。
サイト内検索
このブログについて
弊ブログのモンスターハンターシリーズに関する著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。基本的にリンクフリーですが、相互リンクに関しては原則的に受け付けておりません。また、リンクは特に予告なく解除させて頂く場合がございます。ご了承くださいませ。
Access.
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]