忍者ブログ
狩りを終えて無事村に帰り、一息つく狩人は何を想うのか。 ここはそんな机の上・・・。
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
藤色









ちょこちょこ片手剣を製作中。
今まで素材集めや気分転換にはサブウェポンはハンマーを使っていたのですが、
最近は片手剣がいい感じ。
採取用のデッドリーナイフ、対アグナにアメジストクロウ、汎用性も高いイフマロ。
ゴルマロとペッコチョッパーと迷ったのですが、素材集めでヘビィ以外を担ぎたい
ときなんかは割と効率を重視したい時もあって、より強力なイフマロで。

なまじギルドカードに武器使用回数が載っちゃう分、お気に入りの武器以外を
使いたくないという人を見るのですが、あくまで個人的には、ギルドカードに
載る情報がその人の狩猟の履歴に直結するとは考えられず。
拘る心は素敵だと思うけど、他の武器を使わない=愛用武器の熟練度が高い
とか愛がある、って式は必ずしもそうでもない気がするんだけどなー。



ぐったり









イフリートマロウをゴールドマロウに強化するため金華姫へ謁見賜りに。
王家秘伝の技か、通常種には無いコンビネーションがかなり憎い。
ブレスで地面を燃やした向こうから姫がほくそ笑んでいたときには
こう、どこかマゾヒスティックな気持ちが目覚めたとか目覚めなかったとか。

弾丸の弱点が腹・頭から稀少種は脚になっているのでやや当てにくい。
dosベースじゃ割と判定が広かった分転倒する弱点としてリオソウルが
あひんあひん言わされてたけど、tri-ベースではそうそう簡単なものでも
なかった。
また是非ダンスのお相手を願います、姫。



39980925.jpg









今クマー!って言った奴前に出ろっ!
いいか?もうクマー!だなんて言わせねえ。
これからはブヒー!の時代なんだよ!いいな?

金華姫と踊っていたのはこんな野獣でした。ブヒー!
男性キャラにしたらやってみたかった野望その①、ネタ装備。
でも使ってるうちに妙な愛着が顔を覗かせてきた気がしないでもない。
スキルは防御【大】、腹減り無効、ブレ抑制+1、スタミナ急速回復と馬鹿に
出来ない便利さ加減。



a65d7a1c.jpg









ハウルも紫煙で一服。
ヘビィなお嫁さん探しは続いているも、それなりに絞れてきた感じはする。
このハウルがなかなか株を上げてきていて、対する烈風砲がどう出るか。

今回はうまく通常弾と貫通弾の住み分けが出来ていて上手い調整と思える。
装填数・装填速度・反動・最大持ち込み数と、貫通をバラ撒けば強かった時代から、
貫通弾も通常弾と同じく狙撃に重点を置くことでいいバランスを保てていると思う。
烈風砲やディアーカを使えば間違いなく貫通弾は強い、と感じられるけど、
L2が反動中だったりL1の調合数が最大2発だったりと物量の面でも差が
つけられて、ちゃんと考えて使わなきゃ効率は出ませんよ、といった感じ。

真名は最終強化の「轟砲」なのですが、ロックラックの名残でナクティは
轟砲を「ハウル」と呼称。オリジナルの名とは行かずとも愛称で呼んであげたら
少しだけ武器と近くなれる気がするのだとか。
でも贅沢言うとせっかく亜種素材使ってんだから黒くして欲しかったな!工房さんよ!
砂色に青筋のいかにもなティガ模様も好きだけどねーん。

さあまだ終わらんよ。
PR
息抜きにZABADAKのDVDを見ていたら何故か間違った荒ぶる使命感の
ようなものに駆られてまたzabadakを紹介したくなりました。
以下あまりMHに関係のない(こともない?)音楽の話。

--------------------------------

ZABADAKとは民族音楽の流れを汲んだプログレッシブ・ロックバンドです。
ロックと言ってもプログレ自体、昨今ではジャンルレスと言った位置付けが強く、
所謂ロックミュージックではありません。

世界各地の民族音楽の要素を取り入れており、ケルトを中心にオリエンタルや
エスニック、アジアン、和等の多彩な風味を元に独自の音楽を創り上げています。
レビューサイトでいい言葉見つけた。「ファンタジー脳を刺激する」。
いやあほんとその通りだと思う(笑。
百聞は一見にしかず、いくつか楽曲例を諸動画にてご紹介させて頂きます。

(Youtubeだと曲が少なく、ニコニコ動画をそのまま貼り付けるとフレームが
大きすぎて貼り付けれないのでリンクで繋げておきました。
DVDの動画を貼り付けることに多少の抵抗と不安も無くはないのですが、
私のように動画を見てザバダックの商品を購入を決める方もいらっしゃる
かもしれないので、なんだかんだと言い訳しつつペタリ。)





ザバダックってこんなバンド、と説明したい時にわかりやすい、
とても「ザバダックらしい」一曲。
上野さんの透き通るような声とアコーディオンのメロディが印象的。
北欧のほんの小さな村での小さなお祭りなんかを感じさせる曲。
歌詞からすると吟遊詩人の道行く先での歌らしい。
会場とバンドの一体感がとにかくすごい。
静かな曲だとわかるのですが、これ野外で鈴虫まで空気読んでるんです(笑。





こちらはあまり代表する、という曲ではないものの、個人的な一押し。
五つの橋と打って変わって、オリエンタルな雰囲気が漂います。
ギターの小気味良いカッティングと優雅なバイオリンの音色との
調和が、もの哀しくもノリがいいんですよ~。
のれんわけは全員が全員本当楽しそうに演奏してるのも良い…!
一緒に歌いたくなる歌。らーいらーいらーいらーい♪





これは知ってる人も多いかも?
TVアニメ「狼と香辛料」第一期のOPテーマにザバダックの吉良さんが
創った曲を、吉良さん自身がセルフカバーしたものです。
アニメVer.の清浦夏実さんの歌声もすごく好みですが、吉良さんの歌も
また違った雰囲気で渋さや重厚さが伝わってきます。
関係ないけどこのブログを開くにあたって強く影響された曲。





やっぱり遠い音楽。以前は のれんわけライブVer.を紹介したので
今回は原曲を。
もうなんか私なんかの言葉で形容するのも無粋な気さえする。
じっくり、しっとりと心に染み渡る。
ザバダック一番の代表曲で、どこまでも澄んだ声と、音に対する
ZABADAKの想いが強く込められた名曲。

--------------------------------

私の生まれた年にバンドが結成された歴史の長いバンドなので、
ここじゃ語り尽くせない名曲がまだまだたくさんあります。
廃盤となっているものもあり私自身知らない曲もたくさん。

静かな夜長の季節、ぜひZABADAKの奏でる幻想に浸ってみては
いかがでしょ。
a0032298.jpg









曰く付きの貴族からの挑戦リベンジ。
満身創痍でオードブルにジョー、メインにティガナルガという聞いただけで
げふっと来ちゃうコースでしたが、なんとか完食。
討伐記事とかいつぶりだろう。

12d72a27.jpg









▼装備・スキル
武器:烈風砲【裏黒風】/シールド
防具:グリーンマン/体力+20、最大数弾生産、捕獲の見極め
ドリンクスキル:調合術【大】


武器は烈風砲をチョイス。
ジョーは睡眠爆破と貫通3を持込・調合撃ち切る頃に捕獲圏内に。

ティガ・ナルガは両者のリズムがまるで違うので本当にやりにくかった。
ティガが怒り状態だと手がつけられなくなるので、基本的にナルガ狙い。
隙を見つけてちょこちょこ撃って通常弾2セット弱でナルガ捕獲。
結構のんびり安全策でナルガに仕掛けていましたが、こんな乱戦状態だと
通常弾より散弾のほうが余程良いパフォーマンスが出る気もします。

あと眠り生肉を一つしか持っていかなかったのだけど、使用後ポーチを
空ける目的がないなら10個丸々持って行くべきだった。エリア端に置いて
おけば勝手に食べて(特にティガ)最低でも睡眠時間分は稼げるし、
壁に向かって食べてくれるので運が良ければ分断も出来たかもしれない。

残り時間を見ると下位装備でも希望はあるかー、なんて軽く考えてしまいますが
今の自分の腕では時間より三死でさっさと終わる可能性がずっと高い。
下位装備でやるなら回避系スキルや攻撃スキルをもう少し真剣に検討する
必要が。

でもどうせなら下位装備より、今度は相棒と定めたヘビィで再会したい。
「死線をくぐり抜けるとそれだけで銃と相棒になれたような気になっちゃう」
とは友人の言葉だけど、本当そう。
自分の手垢摺りつけて染み付いて自分だけの相棒が出来上がって行く
ものですよね。

さあ次に問いかけるヘビィはどいつだー。

ヘビィなお嫁さん探しに頭を悩ませています。

絞る要件の一つは出来る限りスキル前提の運用をしなくていいもの。
もう一つはそれ一挺でソロが可能だと思われる総弾数を持ち得ること。

錬金術がなく、また今作より更に通常弾・貫通弾の最大調合数が減ってしまった
ので時間単位の火力よりもむしろ、豊富な攻撃弾種を持つボウガンが欲しい。
それを安易に弾追加等のスキルで補うのはやっぱり個性を殺すようで個人的な
趣向に合わないので、どうしても無理だと感じてからそちらには頼らせてもらいたい。
ブレ修正とか最大数弾調合とかは普通に使うとは思うのですが。

それに外見や愛着等のプラス要素が加わってくるので、相棒選びでは今までで
一番迷っています。
決して魅力的な一挺が無いわけではなくて、今作の仕様変更が大きいので
簡単には考えられないというのが正直なところ。

--------------------------------

▼候補

・46式(潜砲ハープール)
ユクモ村狩猟を切り開いてきた一挺。思い入れも一際。
渋い容姿も好みで、普段着とも一番合っている。
相対的な攻撃力は控えめであるが、攻撃・支援と割とそつなくこなす。
しかし単純攻撃数値が低い=総火力も低くなり、加えて貫通2・3や
爆装等のサブウエポンに乏しいため総火力に懸念が残る。
困ったときは爆弾頼りか。

・ハウル(轟砲【虎頭】)
外見は46式を抜いてトップの好みです。
マイナス会心持ちのパワーヒッターの中では抜群に使い勝手が良い。
通常弾の装填数は良好、貫通1・2が撃てないものの、爆装に優れるため
弾数に困ることは滅多とないと思われる。
毒・睡眠と搦め手まで優秀。ついでに付き合いもそれなりに長い。
ブレ補正か、手を加えるなら装填速度+で怒り状態を表現とか面白そう。

・ギリースナイパー(烈風砲【裏黒風】)
貫通弾の有効な大型種に圧巻の火力を持つが、通常弾も十分実用域なので
相手に困る事は少ない。装填弾種も通常2・貫通123を抑えていて長期戦にも
耐えうる強さもある。更に減気が1・2も。
普段着を森林地域で手に入れられるもので揃えているので、烈風砲なら
武器もそれで統一できる。
今作の貫通弾はややクセがありますが、そちらは使用者の慣れ次第。

・ネロディアーカ
貫通弾の装填数と装填帯域に優れるが、通常弾の装填数が1発だけという
強い信念とコンセプトを感じる一挺。通常弾は膝撃が可能であるため、
大小の隙に積極的に膝撃を行う技術が求められる。
ブレも大きく使いにくい印象がまとわりつくが、そもそもの火力が段違いに高く
貫通弾の装填数を考えると間違いなく強い。
膝撃のためにデザインされたかのようなシールド姿が男のナニかを惹きつける。

--------------------------------

結局は「どれなら出来そうだろうか」じゃなくて「どれでやりたいか」が
一番大事で楽しむコツなんだと思う。

そういった意味でも非常に甲乙つけ難い魅力的なヘビィばかりなので、
今すぐに一挺を選ぶのではなくて、今はもう少しじっくり彼らを触って理解を
深めようと思います。
 

著者
HN:
シュガー
性別:
男性
自己紹介:
新大陸にて狩猟活動中。
狩人の矜持と思い出は十年の時を越える。
サイト内検索
このブログについて
弊ブログのモンスターハンターシリーズに関する著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。基本的にリンクフリーですが、相互リンクに関しては原則的に受け付けておりません。また、リンクは特に予告なく解除させて頂く場合がございます。ご了承くださいませ。
Access.
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]