忍者ブログ
狩りを終えて無事村に帰り、一息つく狩人は何を想うのか。 ここはそんな机の上・・・。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
少し久しぶりの更新となる。今のゲーマーを取り巻く環境……と書けば途端に言い訳臭くなるのだけど、昨今のオンラインゲームの多種多様化の波に自分自身の狩人らしい情熱が薄まりつつある感はやはり拭えない。
MHWが面白くないわけではない。しかし、他のゲームも遊びたい。でも僕にとってMHWは「遊び続けたい」ゲームなのだ。このバランス感覚を上手く取れるようであれればいいのだが。

▼ナナ・テスカトリ
さておき炎妃龍ナナ・テスカトリ。tri-から撤退したあと何作か携帯機作品で目にしたようなそうでないような記憶は定かでないが、とにかく久方ぶりの参戦であり初(なのかどうかもわからないが)オンラインver.のナナ・テスカトリだ。
昨晩フレンドと何戦かやり、自分としては散々「ヌルい」と言われ続けたMHWに対しての開発陣の一つの答えであると受け取った。ソロモードを難関と昇化させるモンスターではないかもしれない。しかし、マルチ狩猟としては確実に「難しい」クエストだと言える歯応えだと感じた。この古龍に対してあの狩人はどう対峙するのか、この狩場に対してどうアプローチするのか……考るだけでも楽しみだ。これを読んで「自分のことか?」と心当たりがお有りの方は大体その通りです。

▼煤けた蒼い羽帽子
兼ねてから鎧武者装備システムと言われ続けた重ね着装備も少しずつ増えてきてはいる。牛歩のような速度で……。前回のアプデで友人がドンドルマ時代の艶凛装束を再現したのをいいなーと見ていたのだが。
で、予想もしてなかったブリゲイド、旧作のギルドナイトに酷似した重ね着が今回追加された。そういえば双門の相方はギルドナイトハットを愛用していたのを思い出す。この先また会えるかどうかもわからない彼との繋がりをこの蒼い羽帽子に託すのも、ちょっとロマンがあっていいかもしれない。毒々しいとまで形容されたこの蒼をそのまま使うのは僕もアレなので、ナナの炎で煤けてやや黒くなってしまったことにしよう。自分にはちょっとキザが過ぎて似合わないかもしれないな。仕方ないだろう、なんたってあの男の帽子なんだから。

PR


救難信号を察知して合流した野良歴戦テオ。歴戦個体クエストとしては珍しく自分以外は合流して来る気配がなく、デュオでの炎王狩りとなった。この前はポーランドだかオランダだったか、回線の繋がりが悪い海外の方とのマッチングでは稀にある。
僕は動画の直前のクエストに5分が経過したところで合流したのだが、その回はタイムアップで失敗している。それでもあちらはパーティー維持で再戦を希望していた。自分と相手の二人しかいない状況で歴戦テオにまだ挑もうとする気骨に同調し、僕もパーティーの維持を選択した。

出会い頭のわちゃわちゃと、何故かSlowhandの体力ゲージを相方の体力と勘違いして閃光や回復を投げていた以外は、自分なりによく動けていたと思う。テオにも大分慣れてきたなあ。相手の片手剣のハンターはゲーマー王国韓国のプレイヤーということもあってか、頼もしい動きだった。あちらがスタンを取ったときはこっちも思わずガッツポーズを取ったね(心の中で)。
▼色々とっ散らかしてる事
・古代樹アンジャナフ追跡線及び風読み
・地形戦術論
・操虫棍解説
・ライトボウガン練習
・スラッシュアックス練習
・パッキング考

リアルがとにかく落ち着かないのでソロ計画も中々進まない。まーそれ以上にモンハンできたときはマルチが楽しくて仕方ないという……。ま、発売前のこちらの予想以上にいいゲームに生まれてくれたので、新大陸とは焦らず長い目で付き合っていこう。
初めてモンスターハンターを起動してキャラメイクを終えた直後、この状態のハンターは誰しもハリガネ製の棒人間である。それは「HUNTER」という記号でしかない。それでは棒人間に血肉を施し狩人としての魂を宿しているものとは、一体何物なのであろうか。

所謂ロールプレイというものがある。本来はTRPG由来の役割、役回りを指すのだろうが、広い意味でキャラクターを演じる=個性の表現と言った意味で使われることも多い。その人物の性格や口調、趣味嗜好など、これらも確かにハリガネ棒人間をハンターらしく肉付ける材料だ。でもそれだけではハンターはハンターとして成立しておらず、そこには顔が描かれていない、まるで『のっぺらぼう』なのだ。
お気に入りの猟装を揃えた。武器も拵えた。どうだ、これがハンターか!いや、それでもまだ足りない。これではのっぺらぼうが服を着て歩いてるに過ぎない。

ハンターがハンター足り得る最重要の一(イチ)とは、『技』だ。モンスターハンターはアクションゲームである。モンスターハンターを構成しているものはアクション要素だけではないが、核であるのは最初から最後までまでアクションゲームの部分だ。
これは必殺技、という限定した意味ではない。モンスターの挙動、フィールドの構造、仲間との連携、武器の扱い。ディアブロスの尻尾通常6連、ヤマツカミ目ハメ、回復弾を始めとした支援戦術、老山龍の歩行速度に合わせた独自戦技……。まだまだ、世間に知られていない隠された狩猟のための『技』というものが、たくさんあるはずだ。これらを自分のもの、もっと言えば自分だけのものとしているからこそ「HUNTER」という記号から一人のハンターとして成立させている(その技を広めない、という意味ではないですよ)。
逆に言えば。これを追求することこそがモンスターハンターの深淵であると僕は思っている。初めてイャンクックを倒した瞬間、初めてリオレウスを倒した瞬間、ハンターの顔は描かれる。狩りの軌跡や実績はハンターの顔立ちを形作る。しかしそれは時間の経過と共に段々とまたのっぺらぼうへ向かって退行し、「かつてハンターであった」という事実のみが残る。それは過去の栄光なのか、狩人の残滓であるのか。

それが悪いことである、と言いたいわけではない。僕自身MH:Wの蓋を開けるまでは二ヶ月も続け更に遊び足りないと思うまでの器量が新大陸にあるとは到底思っていなかった。MH:Wに飽きたら次のゲームへ仮想体験を求めてふらふらと向かうのはゲーマーとしてごく自然なことであるし僕自身いつかそうなるだろう。
話を戻すが、モンスターの強弱というのは、実はそこまで重要なことではない。技を振るうのはいつだって自分であるからだ。昨日の自分、先週の自分、先月の自分、7年前の自分。今日の僕は昨日より成長することができただろうか?いや、今日は全然ダメだったな……。明日はこうやってみよう。『技』とはこれらの連続を繰り返し、繰り返し、一定の成果へ辿り着いた証を『技』と呼ぶに過ぎない。
狩人が「狩人でありたい」と願うであれば、技を向ける相手が何であるかより、自分の『技』とは何であるのか、を自身に問い掛けてみてはいかがだろうか。成果だけが狩猟ではない。過程を楽しむことこそ、本当に大切なものなのだから。
著者
HN:
シュガー
性別:
男性
自己紹介:
新大陸にて狩猟活動中。
狩人の矜持と思い出は十年の時を越える。
サイト内検索
このブログについて
弊ブログのモンスターハンターシリーズに関する著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。基本的にリンクフリーですが、相互リンクに関しては原則的に受け付けておりません。また、リンクは特に予告なく解除させて頂く場合がございます。ご了承くださいませ。
Access.
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]