忍者ブログ
狩りを終えて無事村に帰り、一息つく狩人は何を想うのか。 ここはそんな机の上・・・。
[32]  [34]  [35]  [36]  [38]  [39]  [40]  [41]  [42]  [43]  [44

Gと新生活の準備で更新が停滞してましたが・・・例のごとく明日からまたインターネットが使えません。
のでまた更新が止まります、こんなブログでも楽しみにしてくださっている皆様には本当に申し訳ありません。
恐らく4/10頃には復活するものかと思いますので、どうかもう少しだけお待ちください。


さてGです!
新要素が詰め込まれまくっていて書きたいことが多すぎて困りますね(笑。
でもその中でも今のところ一番楽しいオトモアイルーについて短いですが書きましょう。


爆弾重視やら平和主義やら、多種多様な性格と武器傾向があるようですが、私は名前と毛色で決めました(笑。
せっかく一緒に狩りに行く仲間だから、性能うんぬんよりずっと一緒にいたいなーって思うほうが私にとっては大切です。

ネコばあから斡旋を受けてうちにやって来たのは、クーとナツのお二人(二匹?)。
何だか本当にネコを飼っているみたいで癒されますね。
もしトレーニングの様子を全部見たことのない方がいたら、ぜひ一回全てのトレーニングを試してみてください。
どれもこれもちんまりしてて可愛いのですが、一つだけ私は爆笑しました(笑。

bba61fd7.JPG












スコープで失礼。クーちゃんです。

やはり序盤は中々オトモたちも辛そうですね。G級なんかに連れていったら一撃で潜る→出てくる以下ループ、を繰り返しちゃいます。見ているこっちが痛痛しい~。
でも初めて笛を吹いてくれたときなんかは感動。出来の悪い子ほど可愛いとはこのことですね。
一体何人のハンターがオトモのとりこになっているんだろうか・・・。

戦闘に関しては、ターゲットを取られるとメリットもデメリットもありますね。
剣士で大剣やハンマーなど、タイミングを計ってモンスターがそこに来るのを待って一撃を打ち込むタイプ(いわゆる『置いてくる』)なんかはターゲットがそちらに向くとちょっとやりづらいかもしれません。
その代わりに回復や罠設置などはかなりスマートに行うことができます。
爆弾なんかも剣士にとっては近くに落とされると、せっかくの攻撃チャンスが崩れることもあるので、剣士には支援タイプのオトモのほうがいいのかもしれませんね。

ガンナーではどうでしょう。
ガンナーは基本的に自分以外にターゲットが向くと、攻撃したい放題です。しかしよく走るモンスター相手なんかだと、納銃の遅いヘビィはちときついですね。ガンナーに支援タイプ(性格:慎重・臆病など)を連れて行くと、必然的にオトモは敵から距離を取ってしまいます。なのでガンナーには攻撃タイプのオトモを連れて行くほうが戦いやすいのではないでしょうか。
爆弾を使用されてもこちらは離れていますし、切断や打撃特有の効果も得られますし。

役に立っていなくても爆弾で吹っ飛ばされても可愛いから許してしまうんですが(笑。


さて今回はここまでです。
上に書いたとおりまた少し更新が止まってしまいます、申し訳ありません。
次の更新を是非楽しみに待っていてくださいね。

それでは失礼します。
またお会いしましょう、このノートの上で。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Recent Comment.
[11/01 ヴォルフ]
[09/16 koji]
[09/15 フクロウ]
[09/13 ヴォルフ]
[02/23 ANT]
[02/22 フクロウ]
[02/19 indigo]
[02/18 さふぃ]
Writer.
HN:
シュガシュガ
性別:
男性
自己紹介:
狩猟生態学「風読み」専攻中。
ダブルヘッダ狩猟の分断管理等を研究しています。
MHW参加予定。
Search.
About.
弊ブログのモンスターハンターシリーズに関する著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。基本的にリンクフリーですが、相互リンクに関しては原則的に受け付けておりません。また、リンクは特に予告なく解除させて頂く場合がございます。ご了承くださいませ。
Access.
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]