忍者ブログ
狩りを終えて無事村に帰り、一息つく狩人は何を想うのか。 ここはそんな机の上・・・。
[150]  [148]  [146]  [145]  [142]  [140]  [139]  [138]  [137]  [134]  [133

「ロマン」という言葉について私なりに思うことがあって書きます。

元々のロマンという言葉は内面性の重視、感情の尊重、想像性の開放といった「言葉では語れない」性質を持つそうです。

そういった意味ではモンスターハンターの世界でときに使われる「ロマン」という言葉はあながち間違っていないように見えますが、時にその言葉では語れないことをいいことに、
「その武器使えないじゃん」という言葉をオブラートで包んでませんかー?という場面を見ることがあります。

ロマンの詰まった武器を空想で終わらせるかどうかは使い手次第です。
無限の可能性を秘めていると感じるなら、私は出来る限りそれを証明してやりたいなと思うのですが、「○○はロマンだよね」と言って終わらせるならそれは、その武器の格を下げているに過ぎないとも思うのは私だけでしょうか。
「この武器はロマンだから使う」というのが「大したことない武器を使う自分に酔っている」だけであるならそれほど武器に対する冒涜もないな、と、思ってしまいます。

ときにハンターはある種の制限を自分の道に組み込むことがありますが、それは決してその武器を弱いから使うという理由ではなく。(半ば妄信的にでも)その武器の可能性を信じるからこそ使うんだ。「弱いから」という理由でその言葉使うならそれは讃える言葉でも何でもなくて、ジョークの域を出ないか、それか単なる嘲笑に過ぎないなと思ったのでした。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
著者
HN:
シュガー
性別:
男性
自己紹介:
新大陸にて狩猟活動中。
狩人の矜持と思い出は十年の時を越える。
サイト内検索
このブログについて
弊ブログのモンスターハンターシリーズに関する著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。基本的にリンクフリーですが、相互リンクに関しては原則的に受け付けておりません。また、リンクは特に予告なく解除させて頂く場合がございます。ご了承くださいませ。
Access.
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]