忍者ブログ
狩りを終えて無事村に帰り、一息つく狩人は何を想うのか。 ここはそんな机の上・・・。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
年の移り変わりなんて今まで強く意識したことはあまりありませんでしたが
こういう立場状況だと良い「節目」だと思えるものですね。

渓流から聴こえる楽しそうな足音に誘われてユクモ村に立ち寄ったのですが、
そろそろ本来の道へ戻ろうと思います。
いやあ実に良い湯、楽しい時間を過ごすことができました。
誠勝手な出戻りでしたが、お付き合い頂いた皆様、本当にありがとうございました。

過ぎゆく年は大変お疲れ様でした。
来る年も多くの狩人にとって実り多き一年でありますように。
次の回まで、ごきげんよう。

ババンババンバンバン…ってね。
PR
息抜きにZABADAKのDVDを見ていたら何故か間違った荒ぶる使命感の
ようなものに駆られてまたzabadakを紹介したくなりました。
以下あまりMHに関係のない(こともない?)音楽の話。

--------------------------------

ZABADAKとは民族音楽の流れを汲んだプログレッシブ・ロックバンドです。
ロックと言ってもプログレ自体、昨今ではジャンルレスと言った位置付けが強く、
所謂ロックミュージックではありません。

世界各地の民族音楽の要素を取り入れており、ケルトを中心にオリエンタルや
エスニック、アジアン、和等の多彩な風味を元に独自の音楽を創り上げています。
レビューサイトでいい言葉見つけた。「ファンタジー脳を刺激する」。
いやあほんとその通りだと思う(笑。
百聞は一見にしかず、いくつか楽曲例を諸動画にてご紹介させて頂きます。

(Youtubeだと曲が少なく、ニコニコ動画をそのまま貼り付けるとフレームが
大きすぎて貼り付けれないのでリンクで繋げておきました。
DVDの動画を貼り付けることに多少の抵抗と不安も無くはないのですが、
私のように動画を見てザバダックの商品を購入を決める方もいらっしゃる
かもしれないので、なんだかんだと言い訳しつつペタリ。)





ザバダックってこんなバンド、と説明したい時にわかりやすい、
とても「ザバダックらしい」一曲。
上野さんの透き通るような声とアコーディオンのメロディが印象的。
北欧のほんの小さな村での小さなお祭りなんかを感じさせる曲。
歌詞からすると吟遊詩人の道行く先での歌らしい。
会場とバンドの一体感がとにかくすごい。
静かな曲だとわかるのですが、これ野外で鈴虫まで空気読んでるんです(笑。





こちらはあまり代表する、という曲ではないものの、個人的な一押し。
五つの橋と打って変わって、オリエンタルな雰囲気が漂います。
ギターの小気味良いカッティングと優雅なバイオリンの音色との
調和が、もの哀しくもノリがいいんですよ~。
のれんわけは全員が全員本当楽しそうに演奏してるのも良い…!
一緒に歌いたくなる歌。らーいらーいらーいらーい♪





これは知ってる人も多いかも?
TVアニメ「狼と香辛料」第一期のOPテーマにザバダックの吉良さんが
創った曲を、吉良さん自身がセルフカバーしたものです。
アニメVer.の清浦夏実さんの歌声もすごく好みですが、吉良さんの歌も
また違った雰囲気で渋さや重厚さが伝わってきます。
関係ないけどこのブログを開くにあたって強く影響された曲。





やっぱり遠い音楽。以前は のれんわけライブVer.を紹介したので
今回は原曲を。
もうなんか私なんかの言葉で形容するのも無粋な気さえする。
じっくり、しっとりと心に染み渡る。
ザバダック一番の代表曲で、どこまでも澄んだ声と、音に対する
ZABADAKの想いが強く込められた名曲。

--------------------------------

私の生まれた年にバンドが結成された歴史の長いバンドなので、
ここじゃ語り尽くせない名曲がまだまだたくさんあります。
廃盤となっているものもあり私自身知らない曲もたくさん。

静かな夜長の季節、ぜひZABADAKの奏でる幻想に浸ってみては
いかがでしょ。
頂いたコメントのお返事が遅くなって申し訳ありませんでした。
先ほどごく短くですが書き終えました。

実は武器のはなし。 を書いてる途中から軽く頭痛がしていまして、
まあ視神経の使い過ぎかなーと甘い目で見ていたのですが、その晩から
えらい熱が出まして。今日で三日目の大風邪っぴきでございました。

今朝には頭痛も収まっていたので軽く一狩り…とゴソゴソやっていたのですが、
これが酷い(笑。なんというか脳ミソ半分削り取られたかのような違和感で、
とにかく考えがまとまらない。ぼーっとしてて目はチカチカ。音はモノラル。
とにかく始めてしまったドスバギィ付きベリオロスだけなんとか終えて
すぐに霞の宿に再び伏せることになりました。
ベリオロスを捕獲した瞬間に絶望を感じさせる音楽でWARNING!とか出たときには
捕獲ダメだったんかよおぉぉとか勘違いして涙目になってました。
にしてもこんな状態のときに乱入させなくてもいいじゃない、狩りの神様。

ここ数日で冷え込みも更に厳しくなってきたので、どうぞ皆様お気をつけてー。

村★5 魔球!火山のナックルボール

赤甲獣ラングロトラ2頭の狩猟。
とりあえずエリア5個体からアタックしてみると、エリア8個体がすぐに合流します。
乱戦でもどうかなとやってみると、二体になると結構トリッキーでうっとおしいです。
合流回避を試みようとエリア5個体に発覚してからエリア8へアタックするといい感じに
分離できましたので、簡単に動きを調べてみました。

885d8408.jpg

















外円ルート:5→3→4→7→8→5
内円ルート:5→6→7→8→5

簡単に言うと外円と内円の二つのルートがありました。いずれも時計回り。
エリア5個体は内外円ルート両方確認できましたが、エリア8個体は内円のみ確認。
どちらにせよエリア8個体がエリア5個体の周回軌道に遅れを取りますので、そちらをエリア8・5・6で処理できれば合流の危険性は避けられます。

tri-では村とオンで同じモンスターの2頭狩猟でも初期位置やルートが異なっていたのでこちらも村と集会所クエストで行動が一致する保証はなし。
村ラングロトラ2頭に関してはエリア5で発覚してエリア8と交戦で問題はないと思われます。エリア5に発覚なしでエリア8にアタックすると、エリア5の周回が早くなり合流が早まります。

耐久の高い方でもないので需要は不明

著者
HN:
シュガー
性別:
男性
自己紹介:
新大陸にて狩猟活動中。
狩人の矜持と思い出は十年の時を越える。
サイト内検索
このブログについて
弊ブログのモンスターハンターシリーズに関する著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。基本的にリンクフリーですが、相互リンクに関しては原則的に受け付けておりません。また、リンクは特に予告なく解除させて頂く場合がございます。ご了承くださいませ。
Access.
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]