忍者ブログ
狩りを終えて無事村に帰り、一息つく狩人は何を想うのか。 ここはそんな机の上・・・。
[271]  [272]  [273]  [274]  [275]  [276]  [277]  [278]  [280]  [281]  [283

このところ色々悩んでいたのですが、来る7月31日をもちまして弊ブログの一旦の更新停止と狩人業を引退することを決めました。

リアル生活でゲームをのんびり楽しんでいられる時期でなくなったことが事情です。
ソロもオンも、私の場合随分とマイペースにやってきた気がしますが、本当を言えばもっと早くに切り上げるべきところでした。

ただただモンスターハンターが楽しくて、だらだらと続けてきた気がします。いやモンハン自体は超本気で取り組んできたつもりですが、時間的な意味ではやっぱりだらだら、でした。
自分自身まだまだMHに飽きたどころか遊びつくした感もなく、情熱冷めぬまま去ることだけが悔やみですが、またちゃんと足場を踏み固めてから狩人へ復帰したいと思います。

今月末までにロックラックにはできるだけオンして、お世話になった方たちに一通りの挨拶をさせて頂く予定です。
それとブログ自体は閉めずに公開しておきます。ほんの少しでも誰かのお役に立てることを願って。

こんなブログでもお読みいただいていた方々、共に狩場を駆け、声を交わした皆様、今まで本当にありがとうございました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
初投稿ですが・・・
はじめてコメントさせて頂きますMitoと申します随分まえからこちらのサイトは毎日観させていただいておりました、狩猟も分析もつい顔がゆるみニヤニヤしながら読んだものです。
MH3の記事が始まり遅ればせながら7月から3に参戦しいつかご一緒に一度でも狩りができたら・・・などとぼちぼちやっておりました・・・
リアル事情等々、社会人であれば致し方ないことですご一緒出来なかったことは残念ですがけじめをつけて一旦引退される氏の気持ちを尊重すべきだと
思います、サイトも閲覧できる状態にしていただけるとのことでファンとしては有難いです(過去記事みるのすきなんですw)最後になりましたが楽しい記事を有難うございます、あなたの記事がなければMH3には参戦していなかったと思いますこの機会を導いてくださり本当に感謝しております!!
更新お疲れ様でしたm(__)m
貴方の旅に幸運がおおからんことを・・・では長文失礼いたしました。
Mito 2010/07/25(Sun)23:39:57 編集
>初投稿ですが・・・
Mitoさんいらっしゃいませ!初めまして、こんにちわー。
とりあえず皆さんフラヒヤビールで。

楽しんで見て頂いていたようで、ありがとうございます。

過去記事見るの、私も好きなのですごくお気持ちがわかります。私の場合昔の文章を見ると(いや今でも?)かなりイタイものが出てきて焦るのですが(笑。それでもほんの少しでも誰かが読んで楽しんでもらえるなら本望です。もし私がハンターを引退することがあるなら、これだけは、と考えていたことでした。

今月一杯は毎日、というわけにはいきませんが夜にはそれなりに顔を出す予定ですので、よろしければイコンの名で訪ねてやってください。顔を綻ばせると思います。

私の記事が誰かをロックラックの地へ動かした、なんて嬉しい限りです。今でも未練たらたらなくらいに良い街だと思っていますので、どうぞこれからも素敵な狩猟生活を。

ありがとうございました。
【2010/07/27 19:09】
無題
必ずまた狩場で!
フクロウ 2010/07/25(Sun)23:45:37 編集
>無題(フクロウ様)
オウルにはお茶だね(笑。

今まで相棒でいてくれてありがとう。オウルとでなければ双門はありえなかった。
また必ず狩場で!
【2010/07/27 19:13】
無題
こちらでは初めてコメントさせて頂きます。
街の方では短い間となってしまいましたが
こちらのブログを通して、長いこと山猫さんには
色々な意味で支えられたなぁと思っていました。
「あるゲームに対して、どういったプレイヤーがいるのか」
結局のところ、それが続ける、続けてしまう理由で、
山猫さんのような方がプレイされていたからこそ
僕自身もまた復帰し、続けられたのだと実感しています。
モンハンを楽しくして頂いて、本当にありがとうございます。
いつかまた会える日を楽しみにしています。
indigo 2010/07/26(Mon)05:14:31 編集
>無題
インさんいらっしゃいませー!

もう頂いたお言葉をそっくりそのままインさんにお返ししたいところです。
ただ楽しいだけじゃなく、私がこれまで続けてきたのも、やっぱり結局はそこだと思います。
大半のプレイヤーが「遊びつくした」と感じて引退される中、作り手から与えられた遊び方だけがモンハンじゃないんだよ、と唱える方々がいたからこそ私もこのゲームに夢中になれましたし、それを誰かに伝えたいと考えました。
インさんと砥石無用、様にこそ、私はそういった活力を頂きました。

新調された鮫斬、とてもお似合いです。蛇足かもしれませんが、天下刀であることや、インさん自身が嬉しそうに見えることから。
いずれの業物を担がれても、心の砥石20個があればその道は華やかな道に彩られるのだろうなぁ、と楽しみにしています。

ありがとうございました。またいつか必ずお会いしましょう。
【2010/07/27 19:29】
なんと
またまたご無沙汰いたしました。

たまたま今日見に来てみましたら驚きの記事が・・・。
リアルは大事ですし、優先せざるをえないですよね。
しかし、MHP3の情報が出だした今ですし、心残りもあると思います。
いつかまた、お会いできればと強く思います。

PS:このギリギリのタイミングで恐縮ですが、うちのBlogからリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?
Kigyou URL 2010/07/26(Mon)16:26:30 編集
>なんと
Kigyouさんいらっしゃいませ!

こちらこそご無沙汰しています。
はい、ゲームライフの上にリアルがある以上、それへの折り合いだけはつけなければなりません;今まで逃げがちだったのですが、けじめのつけどころだなぁ、と。

P3rd自体にはユクモ村が合わなそうだなぁとか考えていたのですが、情報が出るにつれてとても楽しそうに見えてきます。んが!ここは生活が落ち着くまでは我慢の一手ですね(笑。でも少なくともロックラックを去ることのほうが寂しさは大きいですが。

既に更新停止が前提のブログですが、それでもということであればぜひお願いします。
今まで応援や労いのお言葉等、本当にありがとうございました。。
【2010/07/27 19:38】
はじめまして
・・・ではないのですが。
以前、ドンドルマにおいて「某ガンナー」様のイベントでご一緒した(といってもラオ覇ペアで1クエお供させていただいただけですが)POと申します。
ちょうどイコン様がトライの地に降り立った頃から、このブログを毎日のように拝見させていただいておりました。
イコン様とそのお仲間の文献におおいに刺激を受け、私も(ヘタレながら)ほぼ毎日のようにロックラックで狩猟生活を送っております。
今回の記事を読ませていただき、まず驚き・・そしてあつかましいかも・・と思いながらも一言お礼を申し上げたくなり、書き込みさせていただきました。
イコン様の書かれた数々の楽しく、そして暖かい記事・・・とても楽しく拝見させていただきました。
私も(物凄いスローペースで)ソロをやっている身ですが、イコン様の文献には色々と助けられました。
この場をおかりしてお礼申し上げます、有り難うございました・・

一旦、お休みをされるという事ですが、無理をなさらず、どうぞご慈愛ください。

イコン様の元気で暖かい記事を、また拝見できる日を楽しみにおります。

長文失礼いたしました。
PO 2010/07/26(Mon)22:34:08 編集
>はじめまして
POさんこんにちわー!

あの時はお世話になりました。昨年の局弾部屋以来ですね、ご無沙汰しております。
ちょっと何に出かけたのかまで記憶が定かでないのですが、朧気ながらラオ覇二門で沼地に行ったのじゃなかったかと思います。
局長さんからベストペアPT賞&ラオ砲LOVE賞を頂いていましたよね(笑。

楽しんで読んで頂けたようでこちらも本当に嬉しく思います。「楽しい」と言って頂けると、どこか技術や戦略云々なんかより嬉しかったりします。

こちらもまた在りし日のラオ覇のように、POさんと二挺のボウガンを担いで狩場へ駆けることを楽しみにしております。
労いのお言葉、本当にありがとうございました。
【2010/07/27 23:35】
無題
イコンの砲声を背に、狩場を駆け回れた時間は本当に楽しかった。
ありがとう!

絆は続くよ。またどこかで会おう。
とりあえず身体に気をつけて!
R 2010/07/27(Tue)08:47:33 編集
>無題(R様)
ラズ兄いらっしゃーい!

こちらこそ今まで色々ありがとう。色々、ってほんと色々面倒見てもらった気がするよ。銃のこと、狩りへの姿勢、人との付き合い方。
またたくさんの風景を眺めに狩場へ行こう!

そんでレイア奥さんともお幸せに!
ありがとうございました。
【2010/07/27 23:44】
無題
こんにちは。
Sasamingです。
ロックラックでご一緒する機会がなかったのですが、フクロウさんとの
ペア狩りや各種モンスターやボウガンの考察、とても楽しく読ませて
いただきました。

やりたいことがあるのにやれないというのはとても歯がゆい
ことだと思いますが、足場が固まりスッキリしたときに
また狩場でご一緒できたらなぁと思います。
そのときまでひとまずさようなら、ではなく行ってらっしゃいませ。
Sasaming URL 2010/07/27(Tue)15:30:22 編集
>無題(Sasaming様)
こんにちわ、Sasamingさんいらっしゃいませー!

こちらも毎日のようにDJS様の記事を楽しみにしておりました。何を隠そう私のソロ記事の大半はささみんさんを参考に(ry
ソロ記事というと割と攻略した後はそれきり…というか攻略することが目的である方が多いと感じるのですが、Sasamingさんは以前に攻略した狩猟でも感触を確かめに向かっておられました。Sasamingさんにとってソロリストは単なる攻略目標ではなくて、全ての武器に精通することこそが目的なのだと、しみじみと感銘を受けていました。

もしまたよろしければ、どうぞ正直村にお越しくださいませ。身内が言うのもなんですが、あそこには普通ロックラックの辺境じゃ見ることのできない技だとか知識だとか想いが詰まっています。
ささみんさんに更なる研鑽、また村民にとっても大きな刺激になることは間違いないと思います。

ではしばらくの間、これも狩りの道へ至る道程と考え、行ってきます。
P2時代からのお付き合い、本当にありがとうございました。Sasamingさんの狩猟道のよりいっそうのご活躍を願っています。
【2010/07/28 00:01】
また会う日まで
リアル、ですか・・・。自分もそれが原因で引退したことがある(他のゲームですが)ため、その悔しさはわかるつもり・・・です。
MHをけなすつもりではないのですが、こちらの生活、MHでの生活というのはあくまでゲーム。
どうしても、現実を無視してこっちで生きる・・・!というわけには行きません。
仕方ない・・・というにはあまりにも惜しいことではありますが、現実という土台がグラグラのままで、下せるような四本の角達ではないですからね(笑)
しっっっかり休んでください!そんな一ヶ月二ヶ月で戻れる話ではないでしょうし、ゆっくりと気長に待つことにします。
もし、もう一度挑む余裕ができたなら、私に「また」砂まみれとなり、傷だらけとなるシュガさんの姿を見せてください(別に失敗を願っている訳じゃないですよ?w)。その時こそあの高い壁は崩れるものと確信しています。
・・・なんか長々と書いたな自分^^;そろそろ締めないと、シュガさんを引き留めてしまいそうになる(苦笑)

それでは、今までお疲れ様でした。また、会う日まで。
ant 2010/07/30(Fri)11:01:40 編集
>また会う日まで
antさんいらっしゃいませ!

悔しい…。うん、悔しいですね(笑。何に対する悔しさかわかんないとことがまた悔しい(笑。
antさんの仰る通り、ゲームライフ自体が現実生活に乗っかった仮想現実である限り、何十年ゲームを重ねようが離れられません。

少し気の長い話になるのですが、こちらに戻ることが出来るのは年単位の話になると思います。
モンハンで学んだこと、ちゃんとそれを活かさないとだめですよね。隣の人を大事にする。一歩一歩確かめるように挑む。戻ってきたそのときこそ砂まみれでモンハンにすがりつく姿でありそうですが(笑。

労いのお言葉、ありがとうございました。
引き止めて頂けると思うと、とても嬉しいです。
またこちらでも、いつか狩場でもお会いできることを願って、失礼します。
【2010/08/01 10:23】
森丘より、村の机へ
失礼致します、ラームです(ぺこり)
イコさんがロックラックを離れる前にヴォローナに挨拶をさせたかったのですが、どうも仕事の都合で叶いそうにないのでこちらで声をかけさせて頂く事に致します。


シュガシュガさんの歩みはモンスターハンターにおける大きな魅力である、ハンターとして自分の道を作っていく楽しみを見事に示したものだと思います。
それはきっと自分のみならず、多くの人に狩場に向かう活力を与えたと信じて疑いません。
その歩みがここで一旦止まる事に残念さと寂寥の念を禁じえませんが、足元のしっかりとしない狩りでは見落とすものも多くなってしまうかもしれませんし、休猟のご判断は正しいところだと感じます。

自分もいつどのような状況になるかは分かりませんが、狩場が宇宙の海にならない限りは(笑)狩りを続けて、狩場と狩人たちを見つめ続けていこうと思っています。
そしてその中でまたいつかシュガシュガさんの“重い”足音を再び耳にする時を、心から楽しみにしております。

思い返せば龍属性に関する考察記事でコメントを頂いてからこちら、シュガシュガさんには狩りへの活力をもらい通しでした。
本当にありがとうございました。
まず健康に気を使われつつ、焦らずに日々の歩みを進めていってくださいませ。


それでは今回はこの辺りで失礼をすると致します(ぺこり)
どうぞ、これからも良い歩みを!
ラーム URL 2010/07/31(Sat)16:16:44 編集
>森丘より、村の机へ
ラームさんいらっしゃいませ!

先日の記事、またこの言葉と休猟への想いを頂きありがとうございます。
暇を見つけて記事にお礼を…とは思ってはいたのですが、ばたばたしている間にこちらに来て頂いてしまいました。

昨晩はお疲れ様でした。例え一狩りだけでも、最後に会えて嬉しかったです(もしかしてギリギリまで待って頂いたのかと思うと、申し訳ないですが;)。

私が示して来た道は、大いに自嘲に溢れた道化的なものだと思います(笑。失敗したくて失敗してきた訳ではないですが。それでもどうしてもこのゲームにだけは手を抜いて付き合いたくはありませんでした。
膝をつくその道の前には、しっかりとした、たくさんの足跡が残っていたから。

私が活力を誰かに与えることができた、と言って頂けるなら、それこそが私自身誰かから受け継いできた狩人の血で、それも誰かが誰かから受け継いできた「英雄の証」でした。
私の中でその中心にあるのが老人と森丘様であり、ラームさんであることは間違いありません。私の老山龍砲や黒嶺鯨砲の原型はまごう事無きスノウギア=ドライブですよ(笑。
それから何人もの狩人や文献と触れて、今のような形を為すことになりました。

実は今でもあの龍属性の記事とコメント(というか森丘過去記事全般ですが)を時々覗かせて頂いています(笑。もう三年近く前になるのですね。早い。
こちらこそ日々の活力を頂き、狩りへの憧れを抱え切れない程たくさん頂きました。青臭い若造ととても仲良くして頂き、本当にありがとうございました。
ラームさんもどうぞお体にお気をつけて、益々の狩道への邁進をこちらより願っています。

遥か彼方より聴こうる砲声を、今日も明日も楽しみにしています。
【2010/08/01 11:49】
お疲れ様
狩場での再会を楽しみに待っています。

気合い入れて頑張れよ!
スカ 2010/07/31(Sat)23:01:57 編集
>お疲れ様
スカさんいらっしゃい!

ありがとう。スカさんにはドンドルマに入ったときからずっと育ててもらった感があります。
お弟子さん、村のみんなにとっていつまでも頼りの長兄でいてあげてください。

押忍!行ってきます!
【2010/08/01 11:13】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Recent Comment.
[09/16 koji]
[09/15 フクロウ]
[09/13 ヴォルフ]
[02/23 ANT]
[02/22 フクロウ]
[02/19 indigo]
[02/18 さふぃ]
[01/08 Po]
Writer.
HN:
シュガシュガ
性別:
男性
自己紹介:
狩猟生態学「風読み」専攻中。
ダブルヘッダ狩猟の分断管理等を研究しています。
MHW参加予定。
Search.
About.
弊ブログのモンスターハンターシリーズに関する著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。基本的にリンクフリーですが、相互リンクに関しては原則的に受け付けておりません。また、リンクは特に予告なく解除させて頂く場合がございます。ご了承くださいませ。
Access.
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]