忍者ブログ
狩りを終えて無事村に帰り、一息つく狩人は何を想うのか。 ここはそんな机の上・・・。
[146]  [148]  [150]  [151]  [152]  [153]  [154]  [155]  [159]  [149]  [161
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朱の装束

37d3a8a4.jpg











〔スキル〕自動マーキング、耳栓

〔装備〕
ホワイトピアス
ハンターUレジスト
艶・篭手
艶・腰当
ハンターUレギンス 防御力:131(爪護符込:171)


以前アリス用につくったセットをdosでも再現できないかしら、と流用したものがこれ。
主にソロやペアでの狩猟に選択。
外観のイメージの一つは雲のように風のようにに登場しそうな古代中国の兵士。
内面のイメージはという小学生の授業で読んだ戦国のお話に登場する猩々緋(しょうじょうひ)の服折。
スキルはどんな武器にも合う汎用的なものですが、その外観は老山龍砲・覇のためだけに作りました。

09/04/04 加筆修正
スキルを少し無理に物語付けするなら、この鎧を纏うことで感覚が鋭敏になり(自動マーキング)、かつある程度の圧力や逆境に(耳栓)に耐え得るメンタルというかオーラというか自己暗示ができるという感じでしょうか。
ただこのスキルが防衛戦には活かしにくいところだけが残念ですけど(苦笑。

双門の朱、正式装備。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
形(なり)
こんばんはー。
うはっ!良くご存知ですね。「後宮小説」。「銀河」って名前は良いですよねー。あたしは原作の酒見さんの大ファンでしてね(笑)。史学考古学出身としては、あの確信犯の大嘘つきさ加減がたまらん(爆笑)。あのビッケの医療キットの「漂泊医」の記述のとことか酒見さんの「陋巷に在り」が底だったりするのですよ。

しかし菊池寛の「形(かたち)」に注目しますか。うーむ、すばらしい。これはね、古典芸能の世界に住む人から言わせてもらいますと「なり」と読んでいただきたい。身なりの「なり」ですね。

お茶とかね、今は結構教室で洋服でやってますが、あれ本当は洋装ではできないんですよ。正座から立つ事すらできない。いや勿論立てますが、その立ち方は「雲の立ち上がるがごとくして」と口伝される立ち方とはぜんぜん違うものになってしまいます。

それは体を締めている部分が洋装と和装で違うという事もあるのでしょうが、それだけとはとうてい思えない。「なり」が引き出す人の力というのは実際あるのです。菊池寛の「形」とか、単純に「外見も大事」とか解説されてますが(笑)、そうじゃなくて単に見かけのシンボル性という事ではなくてね、あるんですよ、そういったことは。

例えば、神道の神主さんの装束や、修験の方の装束など、ああいったものは達人が見ると人のまとう気の形に合っているのだという。あたしは達人じゃないので本当かどうか知りませんが、なるほどな、とは思います。少なくとも見る人を鼓舞し、「ここは任せろ」と言える「形(ナリ)」というのはあると思います。いやはや、大変なヒントを戴きました。
HUNTER's LOG URL 2009/03/15(Sun)01:05:18 編集
>形(なり)
こんばんわー、いらっしゃいませログさん。
お待たせして申し訳ないのですが、コメント頂いて気づいたこと書きたいこと溢れて来ましたので(笑、後ほど記事をもってお返事とさせて頂きますー。
【2009/03/15 12:15】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Recent Comment.
[09/16 koji]
[09/15 フクロウ]
[09/13 ヴォルフ]
[02/23 ANT]
[02/22 フクロウ]
[02/19 indigo]
[02/18 さふぃ]
[01/08 Po]
Writer.
HN:
シュガシュガ
性別:
男性
自己紹介:
MHP2G:アリス
MH2:レシオ
MH3:イコン
MHP3:ナクティ
狩猟生態学「風読み」専攻中。
ダブルヘッダ狩猟の分断管理等を研究しています。
現在休猟中。
Search.
About.
弊ブログのモンスターハンターシリーズに関する著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。基本的にリンクフリーですが、相互リンクに関しては原則的に受け付けておりません。また、リンクは特に予告なく解除させて頂く場合がございます。ご了承くださいませ。
Mail .
muratukue@yahoo.co.jp
Visitor.
Access.
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]