忍者ブログ
狩りを終えて無事村に帰り、一息つく狩人は何を想うのか。 ここはそんな机の上・・・。
[1]  [2]  [3]  [4
昨日、一昨日と久々に仲間と集まりたくさんの狩りを楽しんだので、カラの実やらハチミツやらの貯蔵がだいぶ少なくなりました。
なので今日は旧密林へ素材集めに出かけることにしました。

私キッドは今、震えている。

それは何気ない狩猟依頼であった。
私自身別段用心もしていなかったし、何があるわけでもないと思っていた。

一度だけ、噂話に聞いたことはあった。
ドンドルマの街に依頼で出ていたとき、商人が話してくれた。
しかしそれは、笑い話となり人々を楽しませるものでしかなかった。

まさか、この目で見ることができるなんて。

まさか、ドスファンゴが地中に潜る瞬間を見ることができるなんて・・・!



                         -ある王国書士隊員の調査記より-

諸々の事情で今日は実家に落ち着くことが出来ました。
ということで闇竜の知覚調査をキチンと終わらせてから少しお休みしたいと思います。


さて前回はこやし玉を用いて嗅覚の存在が無いことをを確かめたキッド。
引き続きフルフルはどうやって他の生命・存在を認識しているのか調査していきたいと思います。
著者
HN:
シュガー
性別:
男性
自己紹介:
新大陸にて狩猟活動中。
狩人の矜持と思い出は十年の時を越える。
サイト内検索
このブログについて
弊ブログのモンスターハンターシリーズに関する著作権は全て株式会社カプコンに帰属します。基本的にリンクフリーですが、相互リンクに関しては原則的に受け付けておりません。また、リンクは特に予告なく解除させて頂く場合がございます。ご了承くださいませ。
Access.
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]